キッチンについての思考

キッチンの写真

前述のとおり。今回、半年ほどかけてキッチンのデザインをおこない。無事完成しました。

今までの他の設計やプロダクトデザインと同様に。
このキッチンもコンセプトや色々な思考からイメージを具現化しています。

普段、僕は設計やデザインをする手法として。例えば「カッコイイとか、カッコ悪い」や「白いとか、黒い」と言った見た目の判断基準だけではつくっていないため。このデザインをした過程で色々と思考したことは、これからの住宅設計にフィードバックできる有意義なものになったと感じています。

.

それは。
今までにも、住宅の設計をしている中でいくつものキッチンをデザインしています。
しかしそれらは、住まいの中のキッチンという視点でデザインしています。
住宅全体を設計している部分として、その住まいにふさわしいキッチンのデザインです。

ですが、今回はそれらとは違うキッチン単体だけの設計でした。
よって僕の中では、今までにないプロセスでキッチンについて色々と思考することができました。

神戸スタイルキッチンを作ってみて。キッチンという部分だけをアレコレ思考してみて。
住まいとキッチンの関係や住まい方などで、あらたな視点での住宅の可能性を少し感じています。

………..

展示は2月末までしています。また、他の展示会にも出展予定です。

お近くにお越しの際は、ご高覧下さい。

…………

また、先日展覧会前に関係者へのレセプションパーティをおこないました。
お忙しいなかお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Google PlusVisit Us On PinterestCheck Our Feed